TOKIOの歌ってすごく好き

今までジャニーズグループの中では嵐が一番好きでした。関ジャニ∞も勢いがあるし面白いと思っていたのですが、今年の夏音楽番組を見てTOKIOって歌もいいしすごくカッコいいとジャーニーズの中で一番好きなグループになりました。
実をいうと今までTOKIOってお米や作物を作ったり、お料理をしたりという印象が強くって歌をちゃんと聞いた事がなかったんですね。

音楽番組で長瀬さんの歌う宙船を聞いて、改めてすごくいい歌だな。TOKIOってすごく素敵なグループだなって思いました。前からTOKIOが好きな人に言わせたら遅いよって思われるかもしれませんが、今まで気づいていなかったんですね。
長瀬さんの声とか歌い方とかいいよなーって思って過ごしてきたら、今度はテレビでJRAのコマーシャルソングの声が長瀬さんの歌い方に似てるって思うようになったんです。JRAのコマーシャルソングは前からすごい元気がでていい曲だなって思っていました。私の知らない新しくでたバンドの人が歌っているのかなって思っていたのですが、もしかしてと思って調べてみたらTOKIOのLOVE HOLIDAYという曲だと知ってさらにビックリ。しかも長瀬さんが作詞、作曲までしていたんですね。そんな作詞作曲までできるなんて全く知りませんでした。

というかTOKIOのメンバー全員が作詞作曲できるのだそうですね。今まで何も知らなかったのが恥ずかしい。
どちらかというと私の中ではTOKIOはバラエティだったり国分さんや山口さんがしている司会やドラマの印象が強かったのですが、今後は歌をもっと聞きたいバンドに変わりました。
もっとTOKIOの歌が聞きたいな。

「ミュージックステーション3時間スペシャル」で嵐がハワイから特別生中継

テレビ朝日系列で毎週金曜日に放送されている、音楽番組『ミュージックステーション』。今年デビュー15周年を迎えた嵐が、9月26日放送の「ミュージックステーション3時間スペシャル」で、ハワイからのライブ中継を行うことが決まりました。ハワイといえば嵐のグループ結成、そしてCDデビュー発表をした思い出の地です。この番組のみ限定の特別なパフォーマンスを披露することになっています。嵐のメンバーを代表して意気込みを語ったのは相葉雅紀です。嵐結成15周年という記念の年に番組に出演できる喜び、15年の嵐の歴史の中でも初めての、海外からの生中継に対するワクワク感を伝える内容のコメントです。15年前の1999年9月15日。ファンの間で伝説となっている衝撃のデビュー会見をした嵐。メンバーは大野智、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、櫻井翔の五人。アメリカ合衆国のハワイ州でホノルル沖にいたクルーズ客船から、グループ結成とCDデビューを発表したのが嵐の始まりでした。その後の活躍を経て成長を遂げた嵐は、今やジャニーズの中でも高い知名度と好感度を持つ国民的人気グループになっています。「ミュージックステーション」への嵐の出演は、1999年10月に放送された3時間スペシャルから始まりました。99回目の出演で「嵐よ、初心忘れるべからず」と伝えるような演出には楽しませてもらいました。そんな嵐も今回で出演は105回目になります。ジャニーズの中でも、嵐はかなり出演していると思います。9月19日の金曜日、20日の土曜日に嵐はデビュー15周年の記念ライブをオアフ島で開催する予定になっていますが、現地ではこの2日間で計3万人を動員。それに加え日本国内ではライブビューイングを全国209スクリーンで実施する発表がされたりして、国内国外から嵐ならではの多くの関心を集めています。劇場とライブでの盛り上がりを引き継いだ嵐が、次はテレビで『ミュージックステーション』だけの特別演出で、デビュー曲などを含むスペシャルメドレーが披露されることになっています。また、嵐も未体験と思えるハワイアンバージョンの演出も今回のテレビ中継で予定されています。嵐の思い出の場所であるハワイから熱いパフォーマンスが、日本中に『感動の嵐』を巻き起こしそうです。

このページの先頭へ